企画紹介

展示

クリエイターブース/ポスター展示

クリエイターの作品・実績を展示します。
参加クリエイターの一覧をご覧ください。

クリエイターブース/ポスター展示

クリックすると拡大できます。

事例展示

「いばらきデザインセレクション」紹介コーナー

茨城県の優れたデザインを選定しPRすることで、茨城県の地域イメージを高め、産業振興につなげていく県の取り組みです。2018年度は応募総数129件の中から、知事選定6件、選定24件が選ばれ、5件が奨励となりました。会場にて選定品を展示・ご紹介します。

いばらきデザインセレクション

「コンテンツ活用ブランド力UP補助金」採択事業紹介コーナー

茨城県内の事業者及び事業者グループが、自社の経営課題を解決するために、県内のクリエイターと連携して取り組んだ事例を展示します。

コンテンツ活用ブランド力UP補助金

いばらきクリエイターズハウス作品紹介コーナー

「いばらきクリエイターズハウス」の入居者が制作した広報物やコラボ作品を展示します。

いばらきクリエイターズハウス

「ぶらり提灯」

水戸市の鈴木茂兵衛商店からの呼びかけに応じて、文化デザイナー学院広告プロモーション学科の学生が取り組んだ、観梅客の足元を照らす「ぶらり提灯」を展示します。

ぶらり提灯

ステージ

コンテンツ活用シンポジウム

2/22(金)14:00~16:00

茨城県では、事業者のブランド力UPとクリエイターのデザイン力UPを目指して、「コンテンツ活用ブランド力UP補助金」「いばらきデザインセレクション」を展開しています。このシンポジウムでは、クリエイターと連携して経営課題の解決に取り組む、茨城県内の事例をご紹介します。

モデレーター

蓮見 孝氏

蓮見 孝氏(博士:デザイン学)
1948年生まれ。1971年東京教育大学卒業。20年間日産自動車(株)デザインセンター勤務。1976年RCA校(ロンドン)社命留学。1991年筑波大学に転籍。2000年から教授。副学群長、学長補佐などを歴任。2012~2017年札幌市立大学理事長・学長。茨城県総合計画審副会長など、茨城県及県内市町村を中心に、さまざまな地域振興プロジェクトを担当。日本デザイン学会理事・副会長、グッドデザイン賞審査委員等を歴任。「地域再生プロデュース −参画型デザイニングの実践と効果」など著書多数。

事例紹介1

「畳店のブランディング戦略」

畳店のブランディング戦略

渡部 真史氏(ロカ ブランディング代表、クリエイティブディレクター/デザイナー)
ロカ ブランディング代表
クリエイティブディレクター/デザイナー
「デザインは使いよう。」というキャッチコピーでモノづくりを中心としたブランディング事業を行っています。東京と現在住の茨城、出身地である愛媛の3拠点で様々な業種の企業とコンセプトづくりから商品デザインまで、企業ブランド価値を高めることをトータルサポートしています。

事例紹介2

「茨城県山地大豆を使用した農家6組による新納豆ブランド:いばらき農家の納豆」

茨城県山地大豆を使用した農家6組による新納豆ブランド:いばらき農家の納豆

佐藤 正和氏(株式会社文化メディアワークス 代表取締役)
1973年、水戸市生まれ。日立製作所関連企業のデザイン部門で官公庁や大手企業のCIをはじめ様々なデザインに携わり、制作実績は300を超える。2005年に文化メディアワークスへ移籍。「茨城をデザインします」をコンセプトに食と農業のブランディング、デザイン戦略、商品開発などが専門。茨城県内のJA直売所のコンサルタントや「地域発 ヒット商品のデザイン」「ネーミングをいかしたヒットデザイン」などの書籍に実績が掲載。

事例紹介3

「ひたちなか海浜鉄道とクリエイターたち」

ひたちなか海浜鉄道とクリエイターたち

小佐原 孝幸氏(デザイナー)
東京藝術大学大学院修了。常磐大学助教[グラフィックデザイン・映像]。2009年よりアート・デザインを通してひたちなか市の活性化プロジェクトに携わる。
2014年ひたちなか市功労表彰。2015年『ひたちなか海浜鉄道湊線駅名標』でグッドデザイン賞受賞。2018年『駅名菓トレンシェ』でいばらきデザインセレクション知事選定受賞。
同駅名標は美術教科書(日本文教出版『中学美術Ⅰ』)に掲載され、文字のデザインの模範となっている。

有阪 加奈子氏(社会福祉法人はまぎくの会 ハートケアセンターひたちなか 施設長)
精神保健福祉士。精神障がいを持ちながら地域で生活している方の支援を行っている。社会福祉法人はまぎくの会理事の他、東海村障害支援区分審査会委員、東海村障がい者総合支援協議会委員、東海村福祉後見サポートセンター法人後見受任審査会委員を務める。

吉田 千秋氏(ひたちなか海浜鉄道株式会社 取締役社長)
1964年、富山県福岡町(現高岡市)生まれ。
1988年、富山大学経済学部卒業後、富山地方鉄道入社。主に鉄道事業の営業、事務業務に従事。
2001年10月、全国初の市民参加型第3セクター鉄道「万葉線株式会社」設立に当たり、同社に移籍。
2008年4月、公募によりひたちなか海浜鉄道株式会社取締役社長に就任、現在に至る。

トークセッション

「県内5地域のクリエイターはかく語りき」

2/23(土)14:00~15:00

県内5地域のクリエイターはかく語りき

クリックすると拡大できます。

県北:鈴木 潤氏(デザイナー、インクデザイン合同会社代表社員)
県央:高木 真矢子氏(JOYNS.LLC代表、水戸経済新聞編集長)
県西:佐野 匠氏(ライター、フォトグラファー、結いプロジェクト)
県南:岩田 博嗣氏(ターバン1号)
鹿行:お探し中
司会:ふるやまなつみ(イラストレーター、デザイナー)

LIVE STAGE

DENSHI JISION

2/23(土)12:00~12:30

水戸市出身のヨシダを中心に理系をテーマに楽曲・パフォーマンスを展開。Newアルバム「2045-人工知能は夢を見るか-」が好評発売中です!
音楽と科学を掛け合わせた"理系エンターテイメント"をどうぞご覧ください。

DENSHI JISION

みならいモンスター

2/23(土)13:00~13:30

三姉妹のポップロックバンド。阿見町出身。茨城県内を中心に、都内や首都圏の商業施設、遊園地、ライブハウスで積極的な活動を展開中。
3/17に既発曲を全曲リマスタリングしたフルアルバムをリリース。同日に発売記念ワンマンライブを東京原宿で行う。

みならいモンスター

体験

ワークショップコーナー

ガラスアート体験:①(株)アートフィールド

2/22(金)・2/23(土)

ガラスアート体験

オリジナル缶バッチをつくろう!:⑦おたさく

2/22(金)・2/23(土)

オリジナル缶バッチをつくろう!

動物をつくろう!:㉝横山拓彦

2/23(土)

動物をつくろう!

ヒーローお面をつくろう!:㉕祭英雄企画

2/23(土)

ヒーローお面をつくろう

クリエイターブース

フェイスペインティング:㉗みそけいえっこ

2/22(金)・2/23(土)

フェイスペインティング

デモ展示コーナー

2/22(金)・2/23(土)

スマホゲーム試遊:⑬(有)スタジオインデックス

スマホゲーム試遊

シューティングゲームの試遊ができます。

ロボットミニカー:⑬(有)スタジオインデックス

ロボットミニカー

音声認識を利用したラジコンカーです。お客様の指示に従った走行もできます。

「Mitologia(ミトロヒア)」:㉜(株)ユートピア

都市に現れる動物たち、航空機、謎の飛行物体を撮影するVRカメラアクションゲームです。

「Urban Coaster」:㉜(株)ユートピア

ブランコ型のジェットコースターに乗って都市空間を疾走するVRコンテンツです。

ステージディスプレイ

みんなでライブドローイング

2/23(土)10:15~11:45

「梅まつり」をテーマにしたイラストを会場で制作します。一緒に完成させましょう!

上映

第5回いばらきショートフィルム大賞受賞作品紹介

大賞「IMC」

監督:Ark

IMC

魅力のない都道府県1位の茨城県庁職員が悪評を払拭しようと幼馴染が勤めるCM会社にPRビデオ制作を相談。どんなビデオにするべきか紛糾する会議の中、空想が大暴走し、時空を超えたパラレルワールドが展開する、という内容です。茨城の魅力とショートフィルムの物語性のバランスが素晴らしく、県の魅力はそれぞれの場所によって違うところがうまく表現されています。

奨励賞「つくばカミングアウト」

監督:中川楓子、畠中沙英

つくばカミングアウト

奨励賞「つちかほる~芽生え~」

監督:鈴木純一

つちかほる~芽生え~

地域クリエイター作品

参加クリエイター一覧で紹介するクリエイターの作品以外に以下の作品も上映します。

地域アニメプロジェクト「水浜線物語」

半世紀前廃線になったはずの路面電車「水浜線」が、水戸の少年少女の恋や夢を結ぶ真夜中の幻となって現代に蘇る。本作品は、2016年、いばらきクリエイターズハウスにて行った、地域の魅力を発信するためのアニメワークショップにて、地元のクリエイターたちが原案を企画し、水戸アニメーションの協力を得て制作したファーストトレーラーです。

「ロトボックス」

作者:Tonali

メディア演出クリエイターとして活動(@maison159777
この作品では実写を元にして作ったアニメーションを用いて、アニメと現実の対話を実現する

ロトボックス